ほっち医院 〒271-0092 千葉県松戸市松戸2044  TEL.047-362-2531
ほっち医院 HOME 診療案内 当院の特徴 健康コラム プライバシーポリシー

健康コラム
文字サイズの変更
普通
大
スタイルシートが無効なため使用できません↑

中東呼吸器症候群(MERS)の拡大を防ぐために
禁煙外来のご案内
C型肝炎
ピロリ菌


中東呼吸器症候群(MERS)の拡大を防ぐために

MERSはアラビア半島や周辺諸国で発生した新型コロナウィルス感染症ですが、韓国では、最初の患者さんの診断が遅れ、接触者が次々に感染し、拡大しました。
MERS感染対策の第一は、感染が疑われる人を早期に見つけ確定診断することと、接触する人を極力少なくし、感染が拡大しないようにすることです。
38℃以上の発熱があったり咳がでる人で、症状が出る前14日以内に、アラビア半島やその周辺諸国に渡航又は居住していた人は、保健所に連絡し、感染症指定病院に移送し、指定病院で検査をすることになっております。
徒歩・自家用車で来院された人は、医療機関内にお入りにならず、直接、地域の保健所に電話して、その指示にしたがって下さい。
松戸保健所  TEL.047-361-2139
電車・バスなどで来院された人は、他の患者さんと接近しないようにして、受付に速やかに申し出て下さい。必ずマスクを着用し、保健所の人が到着するまで他の患者さんとの接触を避けてお待ちいただきますので、ご協力をお願いいたします。


禁煙外来のご案内

「こんな病気もタバコと関係しています」

タバコが身体に悪いことを知らずに吸っている人はほとんどいないでしょう。
しかし、身体に悪いといっても、具体的にどんな病気と関係しているのかは、意外に知られていないようです。多くの人は、肺がんの他に病名を挙げられないのではないでしょうか。あなたはいかがですか?
実際には、タバコを吸っていると、動脈硬化が原因で起こる心臓の病気(虚血性心疾患)や脳卒中など、全身の様々な病気にかかりやすくなります。

がんについても、肺だけではなく、喉頭がんや膀胱がん、子宮頸がんなど、喫煙は多くの部位におけるがんのリスクとなります。また、あまり知られていませんが、糖尿病やメタボリックシンドローム、胃潰瘍、不妊などのリスクが高くなるほか、手術後の経過に悪影響を及ぼすことも知られています。

喫煙がリスクを高める病気

こんなにある、禁煙のメリット

「長年吸ってきて肺は真っ黒だろうから、今さら禁煙しても無駄だ」などと考えていませんか? そんなことはありません。禁煙は始めたら短期間のうちに効果を実感できる、楽しい作業ともいえます。例えば、肺の機能は禁煙を始めて2週間〜3ヵ月で回復がみられます。咳や息切れも、1〜9ヵ月で改善されます。また、継続すると様々な疾患のリスクが吸わない人に近づいていきます。禁煙に、遅すぎることはありません。
禁煙のメリット

禁煙すれば、健康面以外でも美容や金銭面、その他生活に関わる多くのメリットが得られることでしょう。
禁煙すると他にもこんなメリットが
・食べものをおいしく感じるようになった
・息切れせずに階段を上がれるようになった
・髪や服に臭いがつかなくなった
・家族や友人が喜んでくれた
・火の始末を心配しないですむようになった
・貯金ができた

ニコチン依存症

いつでもやめられると思って吸い始めたのに、いつの間にかタバコと離れられなくなってしまうのはなぜでしょう。禁煙に挑戦しても、つい吸ってしまうのはなぜでしょう。これは、タバコの煙に含まれるニコチンが、麻薬にも劣らない強い依存症をもつからです。
そのため、現在では、喫煙する習慣の本質は「ニコチン依存症」という、治療が必要な病気であるとされています。では、タバコを吸うという行為が、どのようにして「ニコチン依存症」に至るのでしょうか。
タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。ドパミンが放出されると、喫煙者は快感を味わいます。同時に、またもう一度タバコを吸いたいという欲求が生じます。その結果、次の1本を吸って再び快感を得ても、さらに次の1本が欲しくなるという悪循環に陥ります。この状態がニコチン依存症(=喫煙の習慣)です。

ニコチン依存症チェック

ニコチン依存症かどうか判定するテストがあります。
10項目の質問に「はい(1点)」または「いいえ(0点)」で答え、どちらでもない場合は0点とします。合計点が5点以上ならばニコチン依存症とされます。
さっそくチェックしてみましょう!
ニコチン依存症を判定するテスト
TDS(Tobacco Dependence Screener)
設問内容
1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
2.禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
3.禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
4.禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5.4でうかがった症状を消すために、またはタバコを吸い始めることがありましたか。
6.重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
7.タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
8.タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

健康保険等で受けられる禁煙治療

2006年より禁煙治療に健康保険等が適用され、患者さんの負担も軽くなりました。禁煙治療を健康保険等で受けるには一定の要件があり、1回目の診察で医師が確認します。
要件を満たさない場合でも、自由診療で禁煙治療を受けることができます。
ご来院前に、自分でチェックしてみましょう。
1.ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上
上記に載っているTDSで、チェックしてみてください。
2.(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります。
3.1ヵ月以内に禁煙したいと思っている
4.医師から受けた禁煙治療の説明に同意
説明内容に納得されたときは、文書で同意します。(サイン等)
標準的な禁煙治療のスケジュールでは、12週間にわたり合計5回の診察が行われます。
禁煙治療のスケジュール
各診察時には、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めれば、この値は低下するので次回の測定が楽しみになることでしょう。また、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができるため、禁煙は成功しやすくなります。

禁煙の薬「飲む」「貼る」「かむ」

「現在、禁煙のための薬には「飲む」タイプ、「貼る」タイプ、「かむ」タイプの3種類があります。それぞれの特徴を知って、薬選びの参考にしてください。
「飲む」ニコチンを含まない飲み薬
ニコチンを含まない飲み薬です。
1日2回、食後に飲みます。飲み始めてから8日目に禁煙を開始します。通常、12週間服薬を継続します。医師の処方が必要です。
長所
・健康保険が適用される
・飲むだけなので簡便
・ニコチンを含まない
・肌の弱い人でも使用できる
・接客などの職種や歯・顎の問題などでガムをかめない人でも使用できる
※1日1回から開始し、飲み始めの1週間で徐々に服用量を増やします。
「飲む」ニコチンを含まない飲み薬
「貼る」ニコチンパッチ
ニコチンパッチは、ニコチンを含んだ皮膚に貼る薬です。
1日1回、上腕やお腹、背中などに貼ります。標準的な使用期間は8週間です。皮膚のかぶれを防ぐため、毎日貼る場所を変えるとよいでしょう。医師の処方が必要です。
長所
・人に気づかれない
・接客などの職種や歯・顎の問題などでガムをかめない人でも使用できる
・健康保険が適用される
「貼る」ニコチンパッチ
「かむ」ニコチンガム
ニコチンガムは、ニコチンを含んだガムで、口の粘膜からニコチンが吸収されます。1回の使用量は必ず1個とし、禁煙し始めはすいたくなったときに我慢せずにかみ、次第に減らします。かみ方は普通のガムと異なりますので、十分に理解してから使用しましょう。
長所
・タバコを吸いたくなったときにいつでも使用できる
・ニコチン補充と同時に口寂しさに紛らわせる
「かむ」ニコチンガム
禁煙に興味がわいたなら、気軽に禁煙治療を受けてみませんか?



C型肝炎

C型肝炎とは
C型肝炎ウィルスの感染によって起こる肝臓疾患です。ウィルスはくしゃみ、咳、食器やコップの共用などの接触では感染しませんが、血液や性交渉を介して感染します。肝炎になると肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。肝臓は予備能が高いため、重症化するまでは自覚症状があらわれにくく、ことにC型肝炎では急性期に全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの自覚症状がある人は2〜3割にすぎず、感染していても自覚症状を欠く人が多いのです。急性C型肝炎の多くは持続感染し、約7割の人が慢性肝炎に移行します。慢性化すると自然治癒することはまれで、さらに20年くらいの経過で約3割の人が肝硬変になり(図1)、約1割の人に肝臓癌が発症します。日本では肝臓癌の約8割がC型慢性肝炎から発症していると考えられています。
C型肝炎 図1
C型肝炎の経過
感染後2〜3ヶ月くらいで「急性肝炎」を発症し、そのうちの60〜70%の人が「慢性肝炎」になる。最初の10〜15年は「非活動期」でGPT値は正常だが、「活動期」になると高くなる。そのままほうっておくと、肝硬変へと進行するおそれがある。


>C型肝炎に感染している可能性の高い人は
平成4年以前に輸血を受けた人、フィブリノーゲン製剤や血液凝固製剤を受けた人、大きな手術を受けた人、刺青をしている人、注射器を用いて覚せい剤や麻薬などを使用した人などは、一般の人より感染の可能性が高いと考えられます。また健康診断などで肝機能障害を指摘されていて、肝炎ウィルスの検査をされていない人も要注意です。C型肝炎の検査はまず血液検査をします。血液検査では、C型肝炎ウィルスの抗体や核酸を調べ、C型肝炎ウィルス核酸(HCV-RNA)が陽性であれば、現在ウィルスに感染している状態であると判定されます。同時に肝細胞が壊れた時に血液中に放出される肝酵素(AST.ALTなど)を調べ、肝炎の活動性を判定します。

C型肝炎に感染していたら
C型肝炎と診断された場合、精密検査や治療法の選択のため専門医を受診しましょう。病気の活動性や進展の状態によって治療法が異なります。治療にはインターフェロンやリバビリンという坑ウィルス薬が用いられます。ウィルス量と遺伝子のタイプ(本邦ではほとんど存在しない1a型、本邦では70%を占める1b型、2a型は20%、2b型は10%)によって治療効果に差があります。従来のインターフェロン単独療法で肝炎ウィルスの排除(治癒)に成功するのは、「2型でウィルス量の少ない」ケースでは約65%です。本邦に多い1b型でウィルス量の多いタイプ」では、効果が不十分でした(表1)。
C型肝炎 表1
インターフェロン単独療法の効果(1995年旧厚生省研究班調査)

治療効果の向上のため、インターフェロンの長期投与が健康保険で認められるようになりました。さらに新型のインターフェロンであるペグインターフェロンが登場し、抗ウイルス薬のリバビリンと併用することで治療成績が改善してきました。ペグインターフェロンはポリエチレングリコールという物質をインターフェロンに結合させ、体内に長時間とどまり効果を持続するように改良され、従来のインターフェロンでは初めの4週間は毎日、その後も週3回注射が必要でしたが、週1回の注射で済むようになりました。現在では、ウィルスのタイプと量により治療を選択しています。1b型で高ウイルス量の人でも、ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法(48週)で約50%の人が、インターフェロン単独長期(2年間)で40%の人がウィルスの消失を認めるようになりました。2aまたは2b型の高ウイルス量の人ではペグインターフェロンの単独療法(48週)で約70%の人が、ペグインターフェロンとリバビリン併用(24週)で88%の人がウイルスの消失を認めました。低ウイルス量の人にはインターフェロン単独療法(1b型で24週、2aまたは2b型で8〜24週)が行われるようになり、高い治療成績を上げるようになりました(表2)。
C型肝炎 表2
よく認める副作用は「発熱、筋肉痛、関節痛」で、開始後2週間で自然に改善されます。この他、脱毛やうつ症状、白血病や血小板の減少などがあります。リバビリンはインターフェロン治療中1日2回内服します。この際も催奇形性や貧血、高度の白血球、血小板の減少などの副作用があり、治療中は医師による注意深い経過観察が必要になります。坑ウィルス薬によりウィルスを排除できなかった場合でも、肝酵素値が正常範囲を超えて上昇していれば、肝臓を庇護(保護)する治療を行い、ウィルスによる肝臓の細胞の損傷を軽減し、肝硬変や肝臓癌になることを予防したり、遅らせたりする治療が行われます。なお当院でもC型肝炎の検査を行っていますのでご相談ください。




ピロリ菌

ピロリ菌とは?

 ピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせんの形をした細菌です。1982年にオーストラリアのワレンとマーシャルという医師が胃の粘膜から培養に成功し、ピロリ菌が胃の中に生息していることを報告しました。

どのようにしてピロリ菌に感染するの?

 ピロリ菌の感染率は、乳幼児期の衛生環境と関係していると考えられ、上下水道が十分普及していなかった世代の人が高い感染率となっています。一方で10代、20代の若い世代の感染率は、低くなっています。

ピロリ菌はどんな病気を起こすの?

 ピロリ菌の感染による炎症が続くと、感染部位が広がってヘリコバクター・ピロリ感染胃炎になります。長い期間炎症が続くと、胃粘膜の胃酸などを分泌する組織が消失した状態(萎縮性胃炎)になります。さらに進むと、胃粘膜に腸の粘膜を作る細胞があらわれ(腸上皮化生)、胃がんの発症リスクが高まることが知られています。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんは、ピロリ菌に感染していることが多く、潰瘍の発症ならびに再発に関係する事がわかっています。

ピロリ菌除菌の対象者とは?

 除菌療法の対象となる人は、ヘリコバクター・ピロリの感染している人で、以下の疾患の方です(図1)。
Ⅰ 胃潰瘍または十二指腸潰瘍
Ⅱ 胃MALTリンパ腫
Ⅲ 特発性血小板減少性紫斑病
Ⅳ 早期胃がんに対する内視鏡的治療後
Ⅴ 内視鏡検査で胃炎と診断
なお、ピロリ菌を退治する治療を行うことにより、病気の再発が抑制されることがわかってきました。

ピロリ菌の除菌療法とは?

 ピロリ菌の除菌療法とは、1種類の「胃酸の分泌を抑える薬」と2種類の「抗菌薬」の合計3剤を同時に1日2回、7日間服用する治療法です。すべての治療が終了した後、4週間以上経過してから、ピロリ菌が除菌できたか、再度検査します。

除菌療法の注意点

 確実にピロリ菌を除菌するために、指示されたお薬は必ず服用して下さい。
また、すべての治療が終了した後、4週間以上経過してから行うピロリ菌の検査(除菌できたかどうかの検査)は、必ずお受け下さい。
また2回目の除菌療法の間は、アルコールの摂取(飲酒)を避けて下さい。
なお、これまでに薬を飲んでアレルギー症状を起こしたことがある方や、抗菌剤や風邪薬で副作用を経験したことがある方は、必ず主治医に申し出て下さい。
もし副作用がでた場合には、主治医や薬剤師にご相談下さい。

除菌の副作用と対処方法

 おもな副作用として以下の症状が報告されています。
腹痛を伴うひどい下痢、便に血が混じる、発疹、かゆみがある場合は、ただちに薬の服用を中止し、主治医または薬剤師に連絡して下さい。
軟便、軽い下痢、味覚異常がある場合は、ご自分の判断で、服用する量や回数を減らしたりせずに、最後まで(7日間)残りの薬の服用を続けて下さい。
その他肝機能障害、アレルギー反応を認める場合もありますので、主治医とご相談して下さい。

除菌療法の成功率はどの位?除菌に失敗した人は?

 正しくお薬を服用すれば、1回目の除菌療法の成功率は、約75%といわれています。もし1回目で除菌できなかった場合は、別の薬に変えて再度除菌療法を行います。この方法では、2回目の除菌は約85%超える成功率です。1回目と2回目を合わせると、除菌率は95%を超えます。





    
HOME | 診療案内 | 当院の特徴 | 健康コラム | プライバシーポリシー |
ほっち医院  〒271-0092 千葉県松戸市松戸2044  TEL.047-362-2531
掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます © SetUp Inc